さあ!読め!

僕が思う事やっている事を雑食的に書きます。実に人間らしい日々を。

富山〜東京 ヒッチハイク 「THE 気の迷い」

1週間前東京まで練習へ行こうと思い立ったのですが、新幹線やバスで行っても何も面白くない!と気の迷いを起こした僕は、ヒッチハイクで東京に行く事にしました。

 

そして3/7水曜日午前11:00にヒッチハイクをスタートしました。

f:id:kny4:20180307225134j:image

まず始めに呉羽サービスエリアまでバーバリアンの会員さんで、今僕がバイトをしている所の社長さんに乗せて行ってもらいました。

f:id:kny4:20180307225409j:image

一応プラカードは作ったのですが、プラカードを掲げて乗せてくれるのをただ待つだけとか、お前は主体性ってもんがないのか!助けて欲しいなら声を上げろ!の精神で手当たり次第声を掛ける作戦に出ます。

 

こういうのはノリが大事なんだと言い聞かせ、1人目にアタック。そして玉砕。まあ1発目で乗せてもらえる程甘くは無いと思っていたので、すぐさま2人目に声を掛ける。また玉砕。

 

心に少しダメージを受けながら、気にせず3人目に声を掛ける。優しそうなおじさんに声を掛けたのですが、そのおじさんは優しい口調で「東京行きなら逆側だよ」と非情な事実を僕に叩きつけたのです。

 

開始早々このつまずき方。。僕らしいと言えば僕らしいです。

うなだれてもやるしかないので、歩いて逆側に移り再スタート。

 

羞恥心を蹴り飛ばし声を掛け続ける。10人断られ、20人断られ僕の心は折れました。。

 

心は折れたけど、助かる為には動くしかないので声を掛け続ける事3時間。

 

母娘の親子さんが長野までなら乗せて行けるよと希望の言葉。ありがたく乗せていただきました。車中では僕の社交性に界王拳3倍を掛けて話まくる。お二人共優しい人で勇気を貰いました。ありがとうございます。

 

とりあえず小布施サービスエリアまで乗せてもらい、すぐさまヒッチハイク。生きるために。

f:id:kny4:20180307233454j:image

声を掛けるのですがやはり断られる。まずこのサービスエリア人が少ない。。

1時間ほど声を掛けましたが、心が折れたので休憩。親子丼の暖かさだけが救いです。。

f:id:kny4:20180307233750j:image

食べ終わり次第ヒッチハイク再開。周りは暗くなって来ました。しかも外はメチャクチャ寒いです。

 

野宿が脳裏をよぎる頃、いきなり話掛けられました。

 

今から東京に帰るから乗ってく?」と。

 

神は僕を見捨てていなかった!!ありがとう!!神様!!キリスト教でもないのに都合の良い時だけ神に感謝します!!

 

その方達はご夫婦で滋賀までスノボーに行った帰りだったようです。何はともあれ有難いです。

 

車中ではヒッチハイクの話や格闘技の話で盛り上がる。2人とも話やすい方達で安心しました。そうこうしている内に東京へ到着。

 

お二人が北千住の駅まで送ってくれたので感謝の言葉を伝えお別れしました。

 

断られ続け心はボキボキに折れましたが、折れる心があるだけまだマシです。こうして辿り着けたので結果はオーライ。

 

アメリカでも日本でも色々な人に助けてもらっています。僕も人を助けられる大人になろうと誓いました。

 

とりあえず東京での練習を頑張ります!!